前へ
次へ

建物の用途を変更する為のリノベーション

建物には、色々な用途があります。テナント用の建物もあれば、居住用の建物など色々ある訳です。人によっては、その用途を変更したいと思っている事があります。テナント用の物件を抱えているものの、法人による利用者を確保するのは難しいので、居住物件に変更したいというニーズが生じる事もあります。その際に、リノベーションが行われる事も少なくありません。リノベーションは、主に建物の間取りを変更する為に行われる工事になります。間取りが少々窮屈だったり、日当たりが気になる時などは、工事が行われるケースも多いです。それだけでなく、建物の用途に関する工事が行われるケースも多々ある訳です。上記のようなテナント用物件を住宅物件に変更する為に、工事が行われるケースも多々あります。そうかと思えば、オフィス物件を住宅物件に変更する為の工事もあります。状況によっては、かなり費用を抑えて工事を行えるケースもありますし、業者とよく打ち合わせしてみると良いでしょう。

Page Top